ドラッグスター250 2000〜2007年式 買い取り価格相場

ドラッグスター250の2000〜2007年式の買い取り価格帯相場はいくら?

ドラッグスター250はバイクメーカーのヤマハからビラーゴ250の後継機種として、2000年より発売を開始したアメリカンタイプのバイクです。今回は2000年-2007年までのドラッグスター250初期型について買い取り価格帯相場がいくらくらいかをお伝えしていきたいと思います。

 

2000年-2007年モデル(VG02J)の中でも初期と後期がある

 

それでは早速ドラッグスター250の初期モデル2000年〜2007年まで型式VG02Jについての買取相場を見ていきましょう!

 

VG02Jの中でも年式により細かい仕様変更があったので、もちろんそのモデルの年式により買い取り相場も違ってきます。

 

■VG02J-000〜(2000年〜2004年の年式・フレーム番号)

走行距離5000km〜10000kmで約20万円程度
走行距離20000km〜30000kmで約12万円程度

 

■VG02J-005〜(2005年〜2007年の年式・フレーム番号)

走行距離5000km〜10000kmで約23万円程度
走行距離20000km〜30000kmで約13万円程度

 

2000年〜2007年にかけての買取相場は以上のような感じでした。

 

  • 1万キロ以下の低走行で程度のよい車両で20万〜25万が買取目安。
  • 2万〜3万キロ程度やや走行している車両で12万〜15万が買取目安。

 

上記には出していませんが、5万キロを超えてくると車両状態にもよりますが、買取価格は下がり10万以下になると見ておくといいかと思います。

 

今回のドラッグスター250買取相場は走行距離と年式をベースに、インターネットのバイクオンライン査定により算出している価格なので、ガッチリカスタム済みのバイクである場合や、バイクの状態によってもちろん価格は変動してくるので注意してください。

 

ドラッグスター250はその乗りやすさから初心者や女性の方などのユーザーが多い背景もあり、カスタム車はあまり好まれない傾向があります。ノーマルパーツを取っている方はノーマルの状態に戻してから査定を依頼した方が高い査定額が付きやすいので、そちらをお勧めします。

 

ひとまず買取価格が現状リアルにいくらになるか気になる方は一度オンライン査定を実際に試してみてください。査定料自体無料で2〜3分もあれば査定依頼を出すことができるので簡単おすすめです。

 

 

自分のドラッグスター250がいくらで買取してもらえるかネット無料査定で調べてみる