ドラッグスター250 特徴 歴史

ドラッグスター250の特徴

 

ドラッグスター250は、排気量250ccで、女性でも楽に扱える取り回しのしやすいアメリカンタイプのバイクになります。排気量250ccで車体自体も160kgとアメリカンタイプの中では軽いタイプですが、ボリュームのあるV型2気筒エンジンを搭載しているのでマフラー音も本格的ですし、見た目も大型バイクに見える程しっかりしたデザインになっています。

 

コンビニなど近所にちょっと乗る程度にも使いやすいバイクなのでそういう用途でバイクを検討している方は候補の1つとして良いと思います。

 

また、250ccバイクはカスタムパーツが少ない事が多く、カスタマイズしにくいイメージがありますが、ドラッグスターシリーズは色んなメーカーからカスタムパーツがたくさん出ているので、自分好みにカスタマイズが出来るのでバイクの楽しみ方が広がりますね!

 

 

ドラッグスター250の歴史

 

ドラッグスター250はヤマハ発動機が以前販売していたXV250ビラーゴの後継機種として2000年から登場したのが始まりです。
ドラッグスターシリーズの中でもツインショック式のサスペンションやチェーン駆動を採用している点など250は他と異なる特徴があります。

 

2008年に自動車排出ガス規制が行われた事で、それに対応する形でエンジンのセッティングが大幅に見直されています。
酸化還元触媒付きのマフラーを装備させて基準のクリアを図っています。

 

ドラッグスター250は2010年代に日本国内で販売されているバイクでは唯一の250ccクラスのクルーザーとなります。
以前はホンダやカワサキも競合車種を販売していましたが、平成18年排出ガス規制により、2007年のラインナップを最後に販売終了となりました。

 

どうしても中古車は嫌だという方も250ccの新車アメリカンをバイク屋で購入出来ますし、上記の通り、軽量で取り回ししやすいという点で現在でもドラッグスター250は女性を中心に根強い人気を維持している車種となります。

 

page top