ドラッグスター250 VG05J型式 買い取り価格相場

ドラッグスター250のVG05J型式の買い取り価格帯相場はいくら?

ドラッグスター250の後期モデルはVG05Jという型式から始まるフレーム番号(車体番号)で年式で言うと2008年〜2015年までがモデル対象となっています。今回はその後期モデルVG05J型式(2008年〜最新)を今売却しようとする場合の買い取り価格相場帯についてお伝えしていきたいと思います。

 

後期モデル(VG05J)の買い取り相場は・・・

VG05Jは年式対象として2008年から現行モデルが対応しています。
2008年の自動車排出ガス規制に対応したモデルとなり、エンジンのセッティングが大幅に見直され、酸素還元触媒付きのマフラーを装備させる事で規制のクリアを図っています。

 

インターネットのオンライン査定での相場は以下の通りでした。

 

ドラッグスター250 VG05J 2008年以降モデル
  • 走行距離5000km〜10000kmで約35万円程度
  • 走行距離15000km〜20000kmで約22万円程度
  • 走行距離30000km〜40000kmで約16万円程度

 

【2018年3月調べ】

 

 

 

 

VG05J型式は、さすがドラッグスター250の最新現行機種というだけあって買取価格は250の中でも高い方だと思います。特に走行距離が1万キロ以下といった極小走行車にもなれば買取価格はかなり高いです。そして1万5千キロを超えてくると大きく10万ダウンという感じで買取価格は走行距離とともに下がっていく傾向にあります。

 

よほど状態が悪くなければ3万キロ台までの車両であれば15万以上で買取はしてもらえるとみていいでしょう。

 

3万〜4万キロを超えた車両の買取についてはどれだけメンテナンスをしっかりしているかが重要になってきます。

 

しっかりメンテナンスをしていれば5万キロでも10万〜15万円の買取価格は望めると思いますが、サビが多かったり消耗品もきちんと交換していない車両ともなれば10万以下の買取になると思うので注意しましょう。

 

ドラッグスター250の現行機種は現状高額査定がまだまだ出やすくなっていますが、初期型から現行型にかけてじわじわと今後年数が経つにつれ査定額は下がってくることが予想されるので、最近乗っていない、または売却を考えている場合は早めに売却しておくのも手だと思います。

 

 

ひとまず買取価格が現状リアルにいくらになるか気になる方は一度オンライン査定を実際に試してみてください。査定料自体無料で2〜3分もあれば査定依頼を出すことができるので簡単おすすめです。

 

 

自分のドラッグスター250がいくらで買取してもらえるかネット無料査定で調べてみる