バイク 廃車費用 相場金額

バイクの廃車費用に掛かる相場金額はいくら?

バイクを廃車する際、処分を頼む業者によって廃車費用が掛かってきます。バイク処分する際には費用がどのくらい掛かるのか、その価格相場や、廃車手続きの流れなどをしっかり理解してスムーズに行えるように今回は「バイクの廃車」についてお伝えしていきます。

 

バイク廃車にかかる費用の主な内容

 

バイクを廃車する際、次の費用が主に発生してきます。

 

@抹消(廃車)登録の事務手続き費用 
A解体費用 
B出張引き取り費用

 

一つずつ詳細を見ていきましょう。

 

 

抹消(廃車)登録の事務手続き費用 

 

  • 自分で手続きをふむ場合・・・350円
  • バイク屋などの業者に頼む場合・・・5000円〜10000円程度

 

抹消(廃車)登録の事務手続き費用についてですが、まず原付以外の125ccを超えるバイクは、全て陸運局が登録事務手続きの管轄になります。したがって全国の陸運局で抹消手続きが可能です。

 

ここで発生してくる費用は、125ccを超えたバイクの抹消登録の場合、検査証返納手続きに350円の印紙が費用になります。

 

ちなみに代書屋などで書類作成を頼むことも出来ますが、千〜3千円の手数料を取られてしまいます。

 

検査返納手続き自体は陸運局のスタッフにやり方をその場で聞きながら行えるくらい簡単なので、自身で手続きすることをお勧めします。

 

業者にバイクの抹消登録手続きのみを代行依頼した場合は、5千円〜1万円の手数料が発生します。普段からバイクの名義変更や抹消登録手続き業務を行っている業者に依頼する場合は、バイク引き取りを条件に事務手続き費用をサービスして貰えるかもしれないので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

バイク解体費用

 

  • 解体費用は0円〜1万円程度

 

続いてバイク解体費用についてですが、実はバイクの解体費用自体は請求されない事が多いです。
バイクの車体・部品には鉄やアルミ、スチールなど再利用できる資源がたくさんあります。業者はそういった資源を転売して利益を得ているので、客側に処分費用の請求が来ないこともあります。

 

ただものによっては1万円程度解体費用が掛かる場合もあることを覚えておきましょう。

 

 

 

出張バイク引き取り費用

 

最後に出張バイク引き取り費用ですが、バイクの廃車処分に掛かる費用のほとんどがこの引き取り費用です。
バイク買い取り業者が銘打っている、無料引き取りや無料出張査定は、表記上確かに無料ですが、成約時に引き取り費用が差し引かれています。客側が依頼しやすいようにしているのです。

 

なので厳密に言うと自分自身で買い取り専門業者の拠点やスクラップ業者に直接廃車処分予定のバイクを持ち込む、または近くのエリアを良く巡回している業者を利用すると、無料引き取りや買い取りで対応して貰える可能性があるので、そういった業者を活用すると費用を抑える事が出来るでしょう。

 

 

まとめ

 

バイクの廃車費用については大きく分けて業者に頼むのか、自分で廃車手続き/廃車持込をするのかで大きく変わってきます。

 

バイク屋さんをはじめとする業者に廃車手続き〜解体を頼むとだいたい全部で2万円程度かかることを見ておくといいでしょう。

 

自分で廃車手続き/廃車持込については解体費用がかかるかかからないかで大きく変わります。解体費用が掛かる場合は1万円程度。かからない場合は1000円程度で廃車ができます。

 

廃車費用を安く済ましたい場合は1〜10まで自分で手続きから手配するのがおすすめ。
面倒だからすべてお店に任したい場合はバイク屋に依頼がいいでしょう。

 

ただまずはバイクまだ価値があるかもしれないので、廃車に行く前に査定してもらって、お金になれば売るという選択が一番おすすめです。

 

ネットで無料査定ができるので廃車を考えている方は一度やってみることをおすすめします。

 

不動車・事故車とかでも意外と値段がつきますよ。

 

 

自分の愛車がいくらで買取してもらえるかネット無料査定で調べてみる

 

 

 

 

 

 

page top