ドラッグスター250は生産終了 もう新車はない?

ドラッグスター250は生産終了!?もう新車はないの?

 

ドラッグスター250は250ccクラスにおける貴重なアメリカンタイプで、見た目はもちろん、運転のしやすさから女性や初心者のライダーから人気のバイクです。

 

 

しかしそのドラッグスター250も「平成28年排出ガス規制」に対応出来ず、2017年9月1日にヤマハから生産終了が発表されてしまいました…。

 

 

人気バイクの生産終了がつぎつぎとなっていますが、ドラッグスターまでついにその日がやってきました。。。

 

 

発表はTwitterやメーカーの公式サイトにより行われましたが、Twitterではかなり多くの方々が落胆のコメントを寄せています。

 

 

■もう新車は購入出来ない?

 

バイク屋さんのブログを見ていると、「ドラッグスター250完売!」や「ドラッグスター250最後の1台入荷予定です!」など書かれており、購入を検討している方にとってはかなり不安になるかと思います。

 

 

確かに生産完了ということでメーカー在庫はもちろん無いとは思いますが、色んなサイトを調べてみると、まだ探せば新車の在庫はたくさんあります。

 

 

「GooBike」でドラッグスター250の新車を検索すると150件を超えるヒットがありますのでまだまだ新車購入は可能です。

 

 

 

■それでも新型を手に入れる最後のチャンス

 

まだまだ新型が市場に出回っているのでもちろん新車購入は可能ですが、ラストチャンスなのには変わりありません。

 

 

ドラッグスター250は国産250ccアメリカンで唯一の現行販売車です。400ccクラスと勘違いしてしまいそうな迫力ある外観、初心者や女性でも乗り回しやすい仕様はかなり魅力的です。

 

 

数が少なくなってくると価格も高騰する可能性もあるので、欲しいと思っている方は早めに動いた方が良いかもしれません。

 

 

 

■まとめ

 

今回、新たな排ガス規制の影響で生産終了となったヤマハのドラッグスター250。
アメリカンタイプのカッコイイ外観と誰でも乗りやすい仕様から非常に人気のバイクです。

 

 

生産終了したものの、まだ新車は市場に出回っているので、購入を検討されている方はまだあるうちにゲットしましょう〜!!

 

 

 

 

 

page top