ドラッグスター400とドラッグスター250はどちらがいい?

ドラッグスター400とドラッグスター250は乗るならどっち?

 

ドラッグスターは排気量別にシリーズ車種として生産されており、400ccクラスの「ドラッグスター400」、250ccクラスの「ドラッグスター250」は共に人気の車種になっています。

 

ドラッグスター400とドラッグスター250で購入を悩んだ場合、どちらがいいのか?

 

どうしようか迷うという質問がありましたので、今回2つの違いを中心に紹介していきたいと思います。

 

 

■ドラッグスター400と250の違い:外観・見た目

 

まずドラッグスター400と250の大きな違いは、外観・見た目です。

 

バイクも見た目がやっぱりすごく大事ですよね。かっこよくないと乗りたくないというのが筋だと思います!!

 

でもかっこよさのタイプが微妙に違うので見ていきましょう。

 

400タイプは250タイプに比べてより太くてマッシブな感じになります。特にタイヤです!400のタイヤは図太くて存在感が強くかっこいいです。
スイッチ周りも400の方が無骨な感じで、メーター周りも高級感がある印象があります。

 

それに対して250タイプはスマートなアメリカンバイクという感じです。横から見る分にはそうでもないのですが、後ろからみると大きく違います。やはりタイヤの存在が大きいです。400と違いタイヤはほっそりスリムな感じです。スマートでスリムに見えるアメリカンバイクがいい場合は、250ccの方がいいでしょう。

 

外観に関しては好みが出るので何とも言えませんが、ガッシリでパワフル、そして高級感ある見た目が好きならドラッグスター400、それよりスマートカジュアルでオシャレな感じが好きならドラッグスター250がおすすめです。

 

 

■ドラッグスター400と250の違い:走り・走行フィーリング

 

ドラッグスター400と250は見た目だけでなく走りに関してもけっこう違います。

 

400ccの方は重量がある為、どっしり構えてゆっくり走るような感じです。排気量の大きさもそこそこあるので、高速道路であってもキビキビと走ることができます。デメリットをあげるのであれば、カーブなどの曲がるときによいしょと曲がるようなハンドリングであったり、重量がある為スピードにのるまではスッと加速しないところがあります。かんたんに言えば加速重視よりトルク重視(パワー重視)が400のドラッグスターの特徴でしょう。

 

250ccの方は400ccとは反対に重量が軽いため、ハンドリングが軽くスイスイ曲がることができ、加速もアメリカンとは思えないほどスッという感じでスピードがでてくれます。80kmくらいまでのスピード加速はなかなかのもんです。ですが、排気量の小ささと重量の軽さの為、高速道路は苦手です。100kmを超えるとスピードが上がりにくく、また100km以上のスピードを出すと軽さの為、安定性が低く、乗っていても疲れる感じがあります。

 

ゆったりパワーを感じで、時々高速でも活躍したいならドラッグスター400。
運転に気を使わなく街中をキビキビスパッと走りたい、高速道路に特に乗らないならドラッグスター250。

 

2つの違いを踏まえておすすめするならこんな感じです。

 

 

■ドラッグスター400とドラッグスター250どっちがお勧め?

ドラッグスター400とドラッグスター250の違いまとめると、外観は好みなので置いておくとして、街中で日常的にちょっと使いたいという方は低速でも軽やかに走れるドラッグスター250の方が乗りやすいでしょうし、燃費も良いのでおすすめです。

 

ただ高速やツーリングでガンガン走りたい!・存在感のあるアメリカンに乗りたいという方は迷わずドラッグスター400を選んで良いかと思います。

 

page top